新関門学

新関門学講座 「海峡の歴史と文化を学ぶ2」

元梅光学院大学 教授
渡辺 一雄
6か月コース(全6回)
第3日曜13:30~15:00
【6回分一括】
受講料 9,900円
維持費 1,650円
教材費実費(コピー代など)
関門海峡をめぐる地域、関門地域は古くから交通の要衝であり、対外交流の拠点として重要な役割を果たしてきました。海峡を多くの人々が行き交い、多量の物資が運ばれ、海峡沿いの町は港町、商業町として栄えました。
昨年度日本遺産「関門“ノスタルジック”海峡」が誕生するなど、今、関門地域に多くの関心が集まっています。この講座では、関門地域の歴史や文化の概要を通史的に学んだ前回の講座を発展させ、関門地域のさまざまな文化遺産を取り上げ、より詳しくその魅力を探っていきたいと思います。