セラピューティック・ケア

英国赤十字社発 癒やしのセラピューティック・ケア

 
鶴田先生

毛利先生

【昼クラス】
認定NPO法人 日本セラピューティック・ケア協会
鶴田 恵子
【夜クラス】
認定NPO法人 日本セラピューティック・ケア協会
毛利 律子
6か月コース(全12回)
【昼クラス】
原則第2・4水曜
13:00~15:00

【夜クラス】※来春開催予定
原則第1・3火曜
18:30~20:30
【12回分一括】
受講料 26,400円
維持費 1,980円
教材費 4,620円
希望者のみクッション1,000円
【会場】
読売新聞西部本社よみうりプラザ (福岡市中央区赤坂 
読売新聞西部本社1階)
英国赤十字社で生まれたセラピューティック・ケアは、手のひらで肩や腕などを優しくなで、心の安らぎをもたらすマッサージ療法です。
人間の尊厳を大切にし、いつでも、どこでも、誰でも、衣服の着脱なしに施すことができる画期的なケアで、緩和ケアの現場をはじめ、自宅介護の現場でも介護支援療法として大きな注目を集めています。
手のひらのぬくもりから生まれるコミュニケーションによって、ストレスが緩和され、生活の質の向上につながっています。かけがえのない家族のたった一度の人生を充実したものにするため、あなたも技術を身につけてみませんか。
受講を修了された人には終了証を発行します。受講後、実習2回(無料)を経て、セラピストの資格
が得られます。セラピストになると、コンプリメンタリー・セラピスト(療法士)や講師への道もひらけます。